視覚ハンディキャップテニス誕生の歴史
 
視覚ハンディキャップテニスは JHTF活動機構の研究協会が競技設計を行い 神奈川県ライトセンターで 第一回公開講習を実施しました。 
その後 国立身体障害者リハビリテーションセンターへと紹介を進め 横浜市立盲特別支援学校にも紹介を図りました。

視覚ハンディキャップテニスは 身障者スポーツとして開発したテニスです。 更に 視力のある人が 全盲、弱視の人と対戦可能な サウンドテニスの競技設計へと進みました。
サウンドテニスは 身障者スポーツとしての競技に加え 更に 競技内容をバージョンアップし 障害の有無にこだわらない 市民スポーツのひとつとして 設計しています。


 内外初となる視覚ハンディキャップテニス競技が開発されるまでの取り組み ・・

1977年から取り組んだ 車椅子テニス開発をはじめとして 各種障害対象のテニス開発のひとつが 視力障害テニスプログラムです。

JHTFは 国内初の車椅子テニス環境づくりを進めた後に 肢体不自由や 聴力障害 内部障害 知的障害などのテニス開発を進めました。
視力障害のテニス内容を生み出した背景には 難しいとされる機能障害の人達など含めた 様々な障害の人達が楽しむテニス機会を 具体化した経験を活かしています。

数多く実施した講習は 一般テニスレッスンとは異なる 手足に機能障害のある人達や体力少ない人達などテニス参加の機会がなかった人達を主対象にした内容です。
軽度の障害内容もありますが 国内各地の重度障害者施設を訪ね 両手足に機能障害のある人達に対しても 積極的にテニス紹介を図りました。 

障害のある人達がテニスを楽しむ上で そのひとりひとりの身体条件に適した指導法を考える必要があります。 
難しいテニスレッスンが数多くありましたが 工夫すれば 楽しむ方法を生み出すことは可能です。 全盲の人達のテニス参加は こうした講習経験を積み重ねて実現したものです。


しかし この視力障害テニス競技の考案を 全盲の青年が考案したと紹介する団体があります。
競技経験が皆無で 視力を失っているためにテニス競技も見たこともない人物が考案したとすれば 世界のテニス関係者が驚くマジックでテニスが誕生したことになります。
その青年は JHTF代表者であり このテニス競技を初めて開発設計者(三宅) 自身が 講師として多くの人達にテニス指導した受講者のひとりです。

マジック?で 長いテニスの歴史の中 世界中のテニス関係者も実現難しいとされていた全盲の人達のテニス競技を 視力障害の人が独自で考え出すことが出来るのであれば・・ 
様々な工夫と経験を積み重ねたNPO団体活動と 大会づくりに力尽くした国立身体障害者リハビリテーションセンター関係者などの活動は不要なことだったのでしょうか。


魔法の力はありませんが・・ 地道に視覚ハンディキャップテニスを考案して 視力障害者が楽しめるテニス競技を設計した内容について その一部を ご紹介します。

視力障害の人達のテニス競技には 日本ハンディキャップテニス大会競技に規定した障害重い人達を対象にしたスポンジボールクラスの3バウンド競技ルールを導入しました。
加えて コートも対戦相手も見えない状態の中でプレーするための方法は 競技基本を硬式テニス競技規定を土台にして 競技内容を設計しました。

研究活動で進めた視力障害の人達のテニス開発は 聴力でボール位置を確認するための方法として スポンジボールに金属製の鈴を挿入し その後は 盲卓球ボールを使用しています。
盲卓球ボールの採用は 残響が多く 視力障害の人達には聞き取り易いとの意見があり 新たな音源開発までは リハ関係者と相談して活用することにしました。
他の詳しい内容は 競技規定などのページで紹介しています。



   視覚ハンディキャップテニスの誕生に伴う 残念な問題発生


視覚ハンディキャップテニスが誕生するまでの概略は前述の通りですが このテニス内容を 全盲の青年が最初に考案したテニスとして 報道した放送機関が現われました。
放送内容は 取材者による捏造されたシナリオです。 正しい誕生の歴史やこのテニス内容開発の研究過程などを調べることなく 視聴率目当ての勝手な番組づくりです。

しかし テニス競技経験もなく 数回の講習経験だけの視力障害の人が  自分が学んだ 視覚ハンディキャップテニスの考案者になるのでしょうか。 
また 音源入りスポンジボールを 初めての練習参加で経験した青年を 音の出るボール考案者として・・紹介? 彼の周囲にいた人達は なぜ虚偽の内容を宣伝したのでしょうか。


過去の事例で 自分で収集した数千年前の石器を 数十万年前の地層に埋め、旧石器時代の遺跡発見と発表した研究者がおり 歴史認識を変えた大きなニュースがありました。 
この遺跡捏造のニュースに類似して・・ 全盲の人が考えたとするテニス競技は 世界初として 他の報道機関も 内容の真偽を十分に確認しないで・・ 放送し、記事にしました。


地道に新しいテニス内容の開発に尽力した関係者の歩みと この活動事業を良き理解で支えた多くの人達の信頼を傷つけたことは 残念です。


放送の主役にされた青年は 視覚ハンディキャップテニスを知る以前は プラスチックボールで 障害者スポーツセンター職員を相手に打球練習していた人物です。
視力のない状態でプラスチックボールを打球することは危険と考えて 彼を音の出るスポンジボールを使用する横浜会場の講習に招いて 指導しました。

彼は 国立身体障害者リハビリテーションセンターの講習会にも参加 そこで競技方法を学びました。 毎回の練習後に 高田馬場駅までの帰路をガイドしながら会話しました。
会話で知った真面目で良き人柄の彼が 誤った放送内容を利用することになった背景には 放送番組の取材方法に問題があったと考えておりました。

こうした状況の中・・ 出来れば 彼を汚れた主役にすることのないように 本人に会って取材当時の事情を確認したく メールなど数回の連絡を行いました。
しかし 電話連絡のときには 「今 外出先のため 自宅に戻り次第 すぐに連絡します・・」 との回答を得ることが出来ても その後の連絡はありませんでした。

電話口で 懸命に 「必ず連絡します・・」 と答えていながら 返信出来なかった理由のひとつに 彼を広告塔に利用している周囲の人達の影響もあったのでは・・ と推測していましたが 再会を避けたことは 競技方法を実際に開発した当事者から 捏造放送内容を利用した誤りを指摘されることを心配していたことが 真実なのかも知れません。



こうした問題の指摘を長い間 行いませんでした。 その理由は・・
事実と異なる報道に障害のある人達が もし積極的に関わっていたら 障害者に対する社会の偏見が増えることを心配したためです。

このため 視力障害者が捏造放送の道具に利用されているのであれば・・ と心配して 事実を確かめ 彼の人格を守ることができれば・・ と考えておりました。
しかし 残念ながら 彼は不慮の電車事故で他界したため
 本人が弁明する機会は 失われましたが アンフェアな行為と真実を示す方法は失われていません。

捏造シナリオをつくり放送したテレビ局や この放送内容を利用したテニス団体関係者の名前などは 記録に残していますので 誤りの訂正がなければ 公開も図って参ります。


 
彼はパラリンピック種目にと・・ ゆめを語っていたとのことですが テニス経験のない人物を番組の主役にした捏造シナリオをつくり報道し その放送内容を利用した人達によって 事実と異なる内容が広がったことを懸念しています。 この問題発生によって 障害のある人達のスポーツ参加に尽力する人達が減少すること・・ 障害のある人達に対する偏見が増えることはないのかと・・ 心配です。


このテニス内容を設計したのは 日本ハンディキャップテニス連盟の代表者です。 様々なテニス開発を図り 国内各地への紹介活動は 名声を求めることもなく 取り組んで参りました。

硬式テニスの企画事業も数多く進めましたが 誰でも簡単に親しめるスポンジボールを使用するテニス内容を スポーツ参加とは無縁だった重度障害者の療護施設の人達に紹介 また 大規模被災地域の子供達を元気づけることなど・・ 多くの研究工夫と実践を積み上げて 各地に紹介した企画事業は テニスの新しい社会活用の道を拓くことが出来ました。

この視力関係テニスの開発を含め 障害のある人達や体力少ない子供達に対するテニス関係事業を進めてきた団体ですが 十分な資金を有していないことから 海外に対しては ネットによる資料公開と YOu Tube の動画資料など一部に限られた内容ですが しかし こうした内容公開が 少しでも役立つことを願っています。
 


 本文の文責は NPO法人日本ハンディキャップテニス連盟の代表です。 紹介内容に異論あれば 公の場で 専門家や報道関係者も加え 論議することを進めたいと考えています。



日本ハンディキャップテニス連盟は 様々な障害のある人達のテニス参加の機会づくりを進めて参りました。 
名声も営利も求めず 運営資金の大半を 関係者達が複数の仕事で生み出す活動で進めた40年余にわたるNPO事業です。 また この取り組みを温かく支援協力された方々がいます。

こうした多くの協力や良き支援の方々の信頼と温かな力を無にする アンフェアな動きが 視力障害スポーツの開発・普及の過程で生まれたことは残念です。
今後 フェアな姿勢で関わる人達に対しては 国内外を問わず 競技設計者としての立場も含め 競技開発と練習方法や指導法の紹介を 力の続く範囲で進めたいと思います。

 

視覚ハンディキャップテニスの開発当時から 視力障害の人達を 障害者として区分することなく テニスを 楽しむ人達、障害のない人達と同じテニス愛好者としての目線で 競技設計を図って参りました。 このため 視覚ハンディキャップテニス内容を 市民スポーツのレベルにバージョンアップした サウンドテニス競技を開発しました。

サウンドテニスは 視力のある人と対等に競技対戦することの可能な競技方法を設計し 通常視力の人がアイマスクを使用せずに 力加減しないでプレー出来るテニスです。
全盲の人と対戦できるのは 硬式メジャー大会のトップレベルまでが参加して楽しめる競技方法を設計しています。 全盲の人をライバルにして サウンドテニスの面白さを 体感してください。


 NPO法人 日本ハンディキャップテニス連盟  代表 三宅 孝夫


 
  サウンドテニス競技規定