サウンドテニスとブラインドテニスについて
競技内容の類似点と違い


サウンドテニスは 視覚ハンディキャップテニス競技内容を バージョンアップした競技として 市民スポーツ、障害者スポーツの両面で 展開可能なテニスです。 

ブラインドテニスは JHTFの開発した視覚ハンディキャップテニスを 別団体が 名称を改めた内容です。 
近年 規定の一部を 改定していますブラインドテニスについては 要点のみご紹介。  詳細は ブラインドテニス団体のサイトで ご確認下さい。

視覚ハンディキャップテニス競技については サウンドテニス競技規定の中で 身障者スポーツ競技方法として 紹介します。 

 
  競技コート
  サウンドテニス     ブラインドテニス

競技コートの大きさ 13,4m × 6,1m    ※すべての競技クラスが 同一サイズです
ネットから 1,7mの位置に ネットと並行してサービスラインを 設定
サービスコートは サービスラインから ベースラインまでの 5m×6,1m の範囲
サイドラインから 3,05mの位置に サービスコートを 2等分するセンターラインを 設定

ネットから 1,7m に設定したサービスラインまでのエリアは アウトゾーンとする。
サービスボールがこのエリアに入るとフォルトとし 他の打球はアウトとする。

全盲の人達同士 弱視の人達同士の対戦には 標準コートを使用する。
視力レベルの異なるプレイヤーの対戦には    SO-1 コートを使用
通常視力の人と全盲の人の対戦には       SO-2 コートを使用


  競技コートの大きさ 13,4m × 6,1m 
ネットから 4,72m の位置に ベースラインと並行してサービスラインを 設定
サービスコートは サービスラインから ネットまでの 4,72m×6,1m の範囲とする。
サイドラインから 3,05mの位置に サービスコートを 2等分するセンターラインを 設定


  ※ ブラインドテニスは コートの大きさを 次の内容に変更予定
     なお 国内大会については 従来のルール適用とのこと

全盲B1 クラス          12,80m×6,40m のコートを使用
弱視B2 クラスとB3 クラス   18,28m×8,23m のコート
を使用
   競技ネット
  サウンドテニス     ブラインドテニス

競技ネットは 6,1m×0,75m の大きさ 
両端の高さ 85cm ネット中央部 75cm
ネット中央部には 幅 5cm 長さ 75cm の白色テープと 金属製の鈴を 取りつける

 
  競技ネットは 6,1m×0,76m 以上の大きさ  
両端の高さ 85cm ネット中央部 80cm とする。
   競技ボール
  サウンドテニス     ブラインドテニス

直径 9cm 重さ 28~30g のスポンジ製ボールの内部に 音源部品の盲卓球ボールを挿入したサウンドボールを使用する  競技使用のボールはすべて黄色とする。

  直径 9cm のスポンジ製で 内部に音源部品を挿入したボールを使用する。
弱視の競技に使用するボール表面色を 黒 または黄色を選択し 主催者が決定する。
   競技ラケット
  サウンドテニス     ブラインドテニス

視力レベル 視力の有無に関係なく 幅27cm 長さ55cm以下のラケットを使用
市販品の場合 21インチサイズ または 19インチサイズの小型ラケットを使用する


  競技コートの大きさにより ラケットの長さ規定が異なる。
B1クラスは長さ 23インチ以下 のラケット
B2クラスは長さ 25インチ以下 のラケット
 
   競技方法
  サウンドテニス     ブラインドテニス

試合は 4ゲーム先取 または 2ゲーム先取方式で行う。
4ゲーム先取方式で 3-3 の場合 7ゲーム目の カウントの合計が 3ポイントになった時点で 相手プレイヤーとサーバーを交代し 更に 勝敗が決まらずに カウントの合計が 6ポイントになった時点で 再び サーバーを交代する。

合計 3ポイントでサーバーを交代したサービスは アドバンテージサイドから行うものとする。
2ゲーム先取方式の試合では 3ゲーム目で 4ゲーム先取方式と同じ合計ポイントで サーバーの交代を行い 競技を行う。

ゲームポイントを 従来の 15 30 40 といったカウントでなく 1 2 3 4 の数字で表示する。このカウント方法により 言語の異なる人達や初心者にも分かり易くしています。

  試合は 6ゲーム先取 または 4ゲーム先取 または ショートセット方式で行う。
6ゲーム先取方式で 5-5 の場合と 4ゲーム先取方式で 3-3 の場合 7ポイント先取タイブレーク方式で勝敗を決定する。

各ゲームは 4ポイント先取で行い 40-40 のデュースになった場合 ノーアドバテージ方式を採用し このときは レシーバーがレシーブサイドを選択する。

他の競技細則について 詳細はブラインドテニス競技規則を参照してください。 



   サービス
  サウンドテニス     ブラインドテニス

サービスは 硬式テニスに準じた方法で行い サーバーは サーブ前に 「右からいきます」 または 「左からいきます」 と声を掛け レシーバーの 「ハイ」 の返答を受けた 5秒以内に 打たなくてはならない。
サーブは トスして打つ方法の他 ボールを床に 1バウンドさせて打つ方法も 認められる。

  サービスは 硬式テニスに準じた方法で行い サーバーはサーブ前に 「いきます」 と声を掛け レシーバーの 「ハイ」 の返答を受けた 5秒以内に打たなくてはならない
サーブは ボールが床に落ちる前に打つものとする。
   レットについて
  サウンドテニス     ブラインドテニス

サーブされたボールがネットにふれてサービスコートに入った場合 そのサービスは有効とする。相手プレイヤーからの返答がないときに サーブすると フォルトと判定される。
サウンドテニスは すべての競技を ノーレット方式で行う。


  サーブされたボールがネットにふれてサービスコートに入った場合は レットとして もう一度やり直しが出来る。  相手プレイヤーから返答がないときに サーブした場合も レットとしてやり直しが出来る。
   フォールトについて
  サウンドテニス     ブラインドテニス

視力の有無に関係なく サービスはベースラインの後方で サイドラインとセンターラインの仮想延長線の間で ベースライン後方に設置したガイドマットの一部に片足または両足を置いた状態でサービスを行う。 この規定に反して サービスを行うとフォールトとなる。

サービスを 1バウンドさせて打つ方法を 事前に審判並びに相手プレイヤーに伝える前に行うとフォールトとなる。 
サービスを移動しながら行うとフォールトになり  ダブルフォールトはポイントを失う


  次の場合はサービス・フォールトとなる

○ サービスのボールを空振りしたとき
○ 相手からの返答後 サーブ動作前にボールにラケットを当てたとき
○ ラケットでボールを押し出したサーブは打球音がないためフォールトとする
○ スィング中に故意にボールを2度当てた場合
○ サーブされたボールが相手コートに入らなかったとき
   プレイヤーの失点について
  サウンドテニス     ブラインドテニス

最初のバウンドが規定のインコート内に着地しないと失点する。
全盲、弱視の人は 3バウンド後までの打球は有効とし 他の打球は失点する。
通常視力の人は 2バウンド後と3バウンド後の打球以外は無効として失点する。
サービスを ダブルフォールトしたとき失点する。

全盲、弱視の人の身体に ノーバウンドで当てたプレイヤーは失点する。
なお サービスの場合は フォルトと判定される。
他の失点については 硬式テニス規定の内容に準じるものとする。
 

  次の場合にプレイヤーは失点する。 

2回続けてフォールトしたとき。
インプレーのボールを 各クラス規定の有効バウンド数で返球出来なかったとき。
返球がインコート外に着地、または直接パーマネント・フィクスチェアに当たったとき。
サーブされたボールをバウンドする前に返球したとき。
インプレー中に プレイヤーのラケットや身体、着衣などがネットやポストにふれたとき。
インプレー中に アイマスクやアイシェードが外れたとき。  他
   コーチングについて
  サウンドテニス     ブラインドテニス

競技中のプレイヤーに対する技術的、戦術的な助言や合図は コーチングとして審判から警告があり 明確な合図と判定できない場合も含め 2回の警告でプレイヤーは失格する。

プレイヤーが規定の位置以外の場所にいたり 方向感覚を失ったときに助言、誘導はコーチングではなく 衝突など危険を生じる恐れがある場合の助言等として認められる。

  審判・ポールパーソン以外からのプレイヤーに対する情報伝達、助言、指図等は すべてコーチング とみなし 審判からの注意があり 以後も行為が続いた場合 該当者は敗者となり退場処分となる。


   視力レベルの区分に伴う競技規定
  サウンドテニス     ブラインドテニス

視力レベルは 次の 3クラスに区分して競技参加する。
同一視力レベルの競技 と 視力の異なる人達の対戦競技を楽しみます。

 全盲クラス 視力0の人 と 明暗は分かっても ボールを確認出来ない人
 弱視クラス 動体視力のレベルが低く ボールの確認が難しい人
 通常視力クラス 視力のある人 と 視力の弱い状態を眼鏡で補正出来る人 

全盲・弱視の人は 3バウンドまでの打球を有効とし 通常視力の人は 2バウンド後と 3バウンド後の打球のみ有効とする。

競技参加に身障者手帳の有無を問いません。 IBSAの視力分類はありません。
但し 身障者スポーツ競技として行う 視力障害の人達のみを対象とする 視覚ハンディキャップテニス大会については 視力分類規定に従って競技します。

通常視力の人は アイマスクを装着すれば 全盲クラスの競技に 参加可能。

 
 視機能の程度により 次のクラスに分類し 有効バウンド数と規定に従って競技する。

 B1クラス 視力が 0から 手動弁の人
 アイマスク、アイシェードの装着を必要とする
 3バウンドまでの打球を有効とする
 B2クラス 視力が指数弁から 0,03 以下 または 視野5度以内の人
 3バウンドまでの打球を有効とする
 B3クラス 視力が 0,1 以下 または 視野20度以内の人
身体障害者手帳を有する他の視覚障害者も含まれる
 2バウンドまでの打球を有効とする

B1クラスの競技に 他のクラスの人達も アイマスク、アイシェードを装着して参加可能。
視野の測定基準は ゴールドマン視野計Ⅲ/4e 及び 自動視野計を用いる。