サウンドテニス競技ルール と 競技設計ポイント


サウンドテニスは 視覚ハンディキャップテニスの競技内容を バージョンアップしたテニス競技です
市民スポーツ、障害者スポーツの両面で 展開可能な ユニバーサルテニスとして設計されています


誰にでも親しみ易い楽しみ方・・ 従来のテニス競技に比べて 視力障害の人達に分かり易く 競技規定を コンパクト設計
テニス指導に関わる人達の専門性に偏らず・・ 全盲、弱視の状態を理解した 柔軟な視野・視点の活用を基本として 誕生したテニスです


  競技コート
サウンドテニス 競技規定    サウンドテニス競技の設計ポイント
 

競技コートの大きさは 長さ 13,4m × 横幅 6,1m とする。
  
※バドミントンコートの外形サイズと同じです。
競技には 長さ 20m 幅 11m 以上のスペースを必要とします。

ネットから 1,7mの位置に ネットと並行してサービスラインを 設定する。

サービスコートは サービスラインから ベースラインまでの 5m×6,1m の範囲とする。
サイドラインから 3,05mの位置に サービスコートを 2等分するセンターラインを設定する。

ネットから 1,7m に設定したサービスラインまでのエリアは アウトゾーンとする。
サービスボールがこのエリアに入るとフォルトとし 他の打球はアウトとする。

全盲の人達同士 弱視の人達同士の対戦には 標準コートを使用する。

視力レベルの異なるプレイヤーの対戦には    SO-1 コートを使用する
通常視力の人と全盲の人の対戦には       SO-2 コートを使用する


   サウンドテニスコート資料  



  硬式テニス競技と異なり サウンドテニスは サービスコートをペースライン寄りに設定 ネット寄りを アウトゾーンとすることで 全盲の人達には見えないネットに接触する危険を 防ぎます。

この設定によって プレイヤーは 5m×6,1m の規定コート に最初のバウンドが着地するように打球し、このコート外に着地したボールは アウト または フォルトになります。

ネットから 1,7m までを 視力障害の人達の安全とプレーを容易にするためアウトゾーンに設定したのは 規定コートを 誰にでも分かり易い 5m ラインに設定するためです。

硬式テニスは 発祥地のフィート、インチ表示を基準としているため メートルに換算すると細かな数値になります。 新しいテニス競技は 国際普及と 現場に適した数値を採用しています。


全盲の人達が コート内で動く範囲を必要最小限にして ラリーの面白さを生み出す設計です。

ネット近くにバウンドしたボールは ベースライン周辺にいる人達には遠く 聴力で位置を確認してからの 返球が難しくなることから サービスコートをベースライン寄りに設計しています。

SO-1 コートの弱視ライン幅は 対戦者のレベルにより 300cm~ 500cm に設定。
SO-2 コートの全盲ライン幅は 対戦者のレベルにより 80cm~ 120cm に設定。
 全盲の人と通常視力の人の対戦では 最小 40cm の幅まで設定できます。

   競技ネット

競技ネットは 幅 6,1m × 高さ 0,75m の大きさとする。
両端の高さ 85cm ネット中央部 75cm とする。
ネットの高さは ネット設置基準に従うことで 数値以上の製品も使用可とする。

ネット中央部には 幅 5cm 長さ 75cm の白色テープと 金属製の鈴を 取りつける

テープ上部はネットの上端に固定して ネット高さの調整に活用する。


 










 
コートにネットポストを固定する硬式テニスは ワイヤーでネットを張る構造です。 
しかし 移動型軽量ネットスタンドは 布製の紐でネットを支えるため 強く張れません。 

ネットが自然と下がる高さを 競技規定の高さに活用しています。
この方法により 力弱い人達や子供達も ネット設定する作業を簡単に行うことが可能です。

白色テープは硬式テニスのセンターベルトに類似し ネット中央を示します。
硬式テニスのセンターベルトと異なり テープはネット上端に固定し テープ長さが床面にふれることでネット高さの計測に役立てます。 
テープは 弱視の人達の練習・競技と テニス指導に役立ちます。

ネットは バドミントン競技ネットを代用することが可能です。
ネットポストは バドミントン競技ポストを活用することが可能ですが 既存施設のバドミントンコートのベースライン後方の長さが1m前後と短いため 後方の側壁などの衝突に注意が必要です。 公式競技には使用できません。

鈴の取り付けは 視力障害の人達に ネットに打球が当たった状態を伝えることに役立ちます。


   競技ボール

直径 9cm 重さ 28~30g のスポンジ製ボールの内部に 音源部品の盲卓球を挿入したボールを使用する  競技使用のボールはすべて黄色とする。

バウンドした時に 音の発生する部品を挿入したボールを サウンドボールと名称する

サウンドボールは、床上100cmの位置から自然落下させ、3パウンド後に床上10cm~25cmの高さに弾むボールを 競技に使用する。




 
競技ボールは 高品質スポンジボールを選定し 内部に盲卓球ボール(※サウンドテーブルテニス)を手づくりで挿入する方法で製作。 優れた音源部品と高品質ボールの開発が進み 低価格のボールが生まれるまで この方法を採用します。

手づくりは 手軽に製作が可能なため 消耗品のボール費用を低く抑えることに役立ちます。

サウンドテニスは 弱視の人達の視力区分に関係なく 視力障害の有無を超えた競技が可能です。
基本の競技方法は バウンド音でボール位置を確認してプレーするため ボールの表面色には関係なく 市販の黄色ボールを使用します。



   競技ラケット

視力レベル 視力の違いや有無に関係なく 幅27cm 長さ55cm以下のラケットを使用する。 市販品は 21インチサイズ または 19インチサイズの小型ラケットを使用する


ラケット重量とグリップサイズには制約はなく ガットを張った構造であれば フレームの材質については不問です。

握力の弱い人達は 伸縮テープで手に固定して使用することが認められます。








 
サウンドテニスは 幼い子供達から体力豊かな成人まで すべて規定サイズのラケットを使用します。
グリップと重量に制約はなく 成人はグリップの太さをグリップテープで変え ラケットウエイトは 鉛バランサーで調整することが可能です。

スポンジボールを使用するテニス競技に 長いラケットの使用は不要です。
低価格ラケットは 全世代で共有出来ますが スポンジ・スーパーテニス競技との共有も可能なため ユニバーサルテニスのひとつとして大きな普及が期待出来ます。

公式競技には認められませんが 練習用として 長さのある硬式ラケットなどをヘッドから規定長さの部分にテープ等で縛り 短く使用することで プレーを楽しむことが可能です。


   サウンドテニス用具

   競技方法
試合は 4ゲーム先取方式 または 2ゲーム先取方式で行う。

4ゲーム先取方式で 3-3 の場合 7ゲーム目の カウントの合計が 3ポイントになった時点で 相手プレイヤーとサーバーを交代し 更に 勝敗が決まらずに カウントの合計が 6ポイントになった時点で 再び サーバーを交代する。

合計 3ポイントでサーバーを交代したサービスは アドバンテージサイドから行う。

2ゲーム先取方式の試合は 3ゲーム目で 4ゲーム先取方式と同じ合計ポイントで サーバーの交代を行い 競技を行う。

聴力を最大に活用して 打球、競技を行うことから 集中力と聴力の低下を考え 1セット 4ゲーム先取方式までの競技とする。

2ゲーム先取方式は 試合時間の関係で 多くの競技参加の試合進行に活用する。
日頃の競技練習にも活用可能です。





 
サウンドテニスの特徴は 視力の有無や視力の違いにこだわらず 誰とでも対戦可能な点です。 
アイマスクやアイシェードは必要としません。 弱視の人も通常視力の人も その視力を可能な限り活かしてプレーすることを基本にしています。 

対戦者の視力の違いによる競技力の大きな差は コート規定で調整可能な競技設計です。

ゲームポイントは 硬式テニスの 15 30 40 のカウント方法から 初心者にも分かり易い方法として  1 2 3 4 で カウントします。 

これは 幼い子供達や言葉で表現することの難しい人達に易しい方法として また 言語の異なる人達が競い合う国際競技としての発展に向けた方法として設計しています。 

声に出してカウントする場合 各国の言語、数字表現が認められます。
その際 5本の指で示すカウントを 相手プレイヤーに分かるように表示することが必要です。

4ゲーム先取方式で 3-3 の場合と 2ゲーム先取方式で 1-1 になった場合は タイブレークに類似したサービス交代を行い サーバー有利のバランスを図っています。


少ない練習・競技環境で 数多くの人達、子供達が楽しめるように サービスのノーレット規定と デュース不要の競技方法を設計して 効率的なゲーム進行を可能にしています。



   サービス と レシーブ

サービスは 硬式テニスに準じた方法で行い サーバーは サーブ前に 「右から行きます」 または 「左から行きます」 と声を掛け レシーバーの 「ハイ」 の返答を受けた 5秒以内に 打たなくてはならない。 
右 と 左を 間違えた声掛けをして サービスを行った場合 フォールトと判定される。

5秒を超えた場合 最初の声掛けから 改めてサービス動作を開始する。
繰り返し 時間を超えた場合 警告対象となり 警告が 2回目になるとポイントを失う。

相手プレイヤーからの返答がないときに サーブすると フォルトと判定される。

レシーバーは サーバーからの声掛けに対して 無返答 または 「待ってください」 と回答する方法で レシーブの準備が出来ていないことを サーバーに伝えるものとする。 

サービスは トスする方法の他 ボールを床に バウンドさせて打つ方法も 認められる。


  全盲の人がサービスする際に サーバーは 必ず 「右から・・」 「左から・・」 と声掛けすることにより 間違ったサイドからサービスすることを 防ぎます。

声掛けは レシーバーが見えない対戦者に サーバーの位置をイメージさせることに役立ちます。
声掛けは 対戦相手が 弱視の人も 通常視力の人も必ず行います。
 
サービスのボールを空中にトスして打球する方法は 初心者には難しく このため 床にバウンドさせてから行うサービス方法を本人の希望で選択出来ます。

但し バウンドさせて打つサービスは 相手と審判に声で伝えてから行うことが必要で 伝えずにサービスするとフォールトになります。






   レットについて

サービスのボールがネットにふれてサービスコートに入った場合 レットではなく 有効球としてプレーは継続する。 

サウンドテニス競技のサービスは すべて ノーレット方式で行う。

競技中のボールがバウンド音を発生しない場合と周囲の雑音でバウンド音が聞き取り難い場合は レットとして そのポイントをやり直す。

審判が判断する場合の他 プレイヤーが打球前に申告する方法があります。
申告しないで打球すると プレーは有効とされ ミスショットが生まれてもポイント結果に影響しないものとする。

審判が コートラインやガイドマットが影響して バウンドが明らかに大きく変化したと見なされる場合は レットと判定し そのポイントをやり直すものとする。
但し バウンドの方向が変化した場合であっても 有効な打球が続いたときのプレーは継続し ポイントも有効とする。



 
サービスコートは ネットから 1,7m に設置したサービスラインからベースラインまでの範囲です。 
サービスしたボールがレットしてネット近くに着地した場合はアウトボールとなるため サービスラインまで届いた打球は返球し易くなります。 

レットしたボールを有効とする競技継続は ゲームの進行を早める効果を生みます。
レットしたボールは ネットから
1,7m 離れたサービスコートに入るため 競技に影響することはありません。

競技中のボールバウンド音が消えることがありますが この場合はレットとしてポイントをやり直します。 
また ボールのバウンドがコートラインやガイドマット上でイレギュラーした場合、更に コート周囲でプレーを阻害する雑音が発生した場合も レットして そのポイントをやり直します







   フォールトについて

視力の有無に関係なく サービスはベースラインの後方で サイドラインとセンターラインの仮想延長線の間で行う。

ベースライン後方に設置したガイドマットの一部に片足または両足を置いた状態でサービスを行い この規定に反して サービスを行うとフォールトとなる。

サービスを 1バウンドさせて打つ方法を 事前に審判並びに相手プレイヤーに伝える前に行うとフォールトとなる。 
サービスを移動しながら行うとフォールトになり  ダブルフォールトはポイントを失う



  サービスのボールをトスして打球する方法は 初心者には難しいため 床にバウンドさせて打つ方法を本人の希望で選択出来ます。

このバウンドさせて打つサービスは 相手と審判に声で伝えて行うことが必要です。
相手プレイヤーに伝えず サービスすると フォールトになります。






   プレイヤーの失点について

最初のバウンドが規定のインコート内に着地しないと失点する。
全盲、弱視の人は 3バウンド後までの打球は有効とし 他の打球は失点する。

通常視力の人は 2バウンド後と3バウンド後の打球以外は無効として失点する。
サービスを ダブルフォールトしたとき失点する。

全盲、弱視の人の身体に ノーバウンドで当てたプレイヤーは失点する。
なお サービスの場合は フォルトと判定される。
他の失点については 硬式テニス規定の内容に準じるものとする。
 



 
全盲、弱視の人は ボレーも含めて 3バウンド後の打球は有効とします。 4バウンド後の打球はノットアップと判定されます。 通常視力の人は 4バウンド後の打球をノットアップと判定されます。

通常視力の人について
ノーバウンドと 1バウンド後の打球を無効とする規定は 全盲、弱視の人達が次の打球に備えて移動できる時間を生み出すためです。

ノーバウンドと 1バウンドは 音の回数が不足するため 全盲の人達には返球が難しくなります。

空間を移動しているボールを 全盲、弱視の人達が避けることは困難です。
視力障害の人達のテニス競技として設定された規定です。



   コーチングについて
競技中のプレイヤーに対する技術的、戦術的な助言や合図は コーチングとして警告され 明確な合図と判定できない場合も含め 2回の警告でプレイヤーは失格する。

プレイヤーが規定の位置以外の場所にいたり 方向感覚を失ったときに助言、誘導はコーチングではなく 衝突など危険を生じる恐れがある場合の助言等として認められる。

公式競技大会を除き 方向案内や誘導は プレイヤーの周囲にいる人達の 誰でも行うことが認められます。


 
全盲、弱視の人は インプレー中を除いて 競技コートの位置やネット方向について 競技を継続するために必要な助言を 周囲の人から受けることが認められます。 

しかし 誘導の際 技術的、戦略的な助言は禁止ですが 「がんばって」 などの会話は認められます。 
視力のある人達とは異なる内容が含まれるテニスですが 勝敗に影響するコーチングには厳しい規定はある一方 競技を安全に楽しく進めることには重点をおいています。





   視力レベルの区分に伴う競技規定

 視力レベルは 次の 3クラスに区分して競技する。
 同じ視力の人達との対戦 と 視力の異なる人達との対戦を行うことが出来ます。

 全盲クラス 視力0の人 と 明暗は分かっても ボールを確認出来ない人
 弱視クラス 動体視力のレベルが低く ボールの確認が難しい人
 通常視力クラス 視力のある人 と 視力の弱い状態を眼鏡で補正出来る人 

全盲・弱視の人は 3バウンドまでの打球を有効とし 通常視力の人は 2バウンド後と 3バウンド後の打球のみ有効とする。

競技参加に身障者手帳の有無を問いません。 IBSAの視力分類はありません。
但し 身障者スポーツ競技として 視力障害の人達のみを対象とする 視覚ハンディキャップテニス大会については 視力分類規定に従って競技します。

通常視力の人は アイマスクを装着すれば 全盲クラスの競技方法で 参加できます。

視力レベルは プレイヤーの申告による全盲、弱視、通常視力に区分し プレー内容から申告内容に誤りがある場合は 正しい区分に改めて競技を行います。 
申告の誤りについてはペナルティーはなく 繰り返し誤った申告を行った場合は 競技参加の資格を失うものとする。



 

測定機器による視力レベルの判別は可能ですが 日頃から身近な場所で楽しむために シンプルにテニス参加できる方法が必要です。 

ボールを追いかける動きから 競技に影響する視力を判定し 弱視の人達のコート設定に適用します。

サウンドテニスの特徴は 全盲クラスの競技コートを標準にして 弱視 → 通常視力 に進むに従い 対戦相手のコートが小さくなり 打球コントロールが厳しくなります。

弱視の人達の視力レベルは様々です。 練習を重ねていくと技術もゲームレベルも向上しますが 向上したレベルに適した競技方法で 競技レベルは更に伸ばすことが出来ます。

コートスペースを 対戦相手との実力差に適した幅に調整する方法により 視力のあるテニス経験豊かな人達が 硬式テニスの技術と経験をアイマスク不要に 全力プレーを可能にしたテニスです。

ボールもコートも見える状態のまま 通常のテニスの実力を活かしてゲームを進めて下さい。 
全盲のプレイヤーを相手にして ポイントやゲームを失うかも・・ しれませんが・・ 
体験すると この競技の面白さと魅力が理解出来ます。







   障害の有無に こだわらない 新しいスポーツ環境づくりのイノベーションから生まれた サウンドテニス競技です  

 
近年 ブラインドテニスの名称で活動している団体があり 視力障害の人達がテニス参加を楽しむ機会を設けています

 サウンドテニスとブラインドテニスの 類似点 と 違い
 
 
全盲の人達の視力は・・ 視力が全くなく、明暗さえ識別できない人の他に、光覚弁(こうかくべん)と称する 明暗の識別はでき、物の有無や影も分かる人、 手動弁(しゅどうべん)と称する 目の前で手を振ったときの動きがわかる人などがいます。 弱視の人達の視力は・・ 眼鏡をかけたり 訓練によって視力が良くなる可能性のある医学的弱視の人と 様々な種類の目の病気によって生じた回復困難な視力障害で、ロービジョンともいわれる社会的弱視の人達がいます。 周囲の明暗によって視力の違いが生まれる人達や 床や壁などの色によって ボールの判別が大きく異なるなど 弱視には 様々な人達がいます。

弱視の人達の視力内容は 多様です。 この違いが 勝敗や競技結果に影響しますが 視力判定を正確に行うことは難しく 検査機器を使用した場合でも 当事者には不満が生まれることがあります。
こうした問題を 企画指導の現場で数多く 経験する中で 機器や特定の医療関係者の判断とは別に 競技現場で可能な限りの公平性を保つ方法として 対戦者が納得する競技レベルの判定方法に ゴルフスポーツのハンディ キャップの決め方を参考にして 視力の判定ではなく 実際の実力に適した競技方法を判定してサウンドテニスを楽しめるようにしています。

視覚障害者スポーツは テニス競技に限らず 国際組織としてIBSA(International Blind Sports Federation) の規定基準に従い クラス区分されて 競技が行われています。
しかし サウンドテニスは こうした規定と視力検査による競技クラスを 区分することなく 実際の動きから判断する簡単で実用的な方法でクラス区分する競技方法で行います。
 
 サウンドテニスの普及・発展を目指す方々は 表記内容を 無断で変更することなく 練習・競技と指導活動に ご活用ください
 
競技開発   NPO法人日本ハンディキャップテニス連盟 JHTFクリエイト

(C) 1996 JAPAN HANDICAP TENNIS FEDERATION