1977年に始まりました このNPO活動は 43年間に取り組んだ活動事業は 60余のプログラムです。
数日感から 2~3年感の事業も 10年以上継続の事業もあります。
活動事業の大半は 各時代の 先進、先駆的な内容のため 具体化には難しいことも多々あり 多くの時間を必要としました。 file dev20・21

このNPO事業活動で生まれた 多くの国内初、国際初の事業内容の成果を 名声にすることなく 利益を求めることもない活動方針を 設け 守り続けました。
方針を守る理由は 車椅子テニスの練習競技づくりは難しいとされていた当時 NPO活動関係者の説明と熱意を理解して 支援して戴いた方々の存在があります。

活動事業の過程で 多くの先駆的な内容から生まれた名声を活用し 収益の得られる内容に関われば 事業資金づくりも簡単であることを分かっていました。
しかし 敢えて こうした活用方法を取り入れず 活動方針を守り 既に実現した事業効果に留まらず NPO事業は次のステップに進みました。
事業終了近くになった現在も 出来る限りの活動内容に力尽くす取り組み方は変わりません。

種を蒔き・・芽が出て 実るのを待つことなく 次の荒れ地に進んで 新しい種を蒔くことによって・・ 実るものを更に増やすことが可能になります。
名声に値する内容であれば 残した実りは 誰かの役に立つはずです。

任意団体として20数年、NPO法人として20年余の活動は 名声や権威を求めるための組織ではなく 事業遂行の責任を担うために設立しました。 
このNPO事業は・・  一定の役割を果たしたことで 2年以内に終了します。
事業終了後の資料情報の一部は 一般事業サイトの  ユニバーサルテニス・ワールド S・スーパーテニス www.sst-expert.com で 参照可能。

オリンピック、パラリンピックが東京で開催される2021年(令和3年 ※コロナ問題で2020年の開催が延期)・・ 様々な変化が 社会環境の中に生まれる時代です。 変化は テニススポーツも同じで 既存のテニス環境やシステムにこだわらない取り組みが必要です。


 JHTFのNPO事業は・・  アイデアを もう一歩 進める ・・・  との発想方法による 既存の考え方にこだわらないことから 生まれています



top