ひとり親家庭の子供達を 基金 2021 の主対象にした理由と
NPO活動の背景
 

 国内には 160万世帯のひとり親家庭・・ その中で 120万世帯は シングルマザーの家庭です。
 こうした家庭の実情を 多くの人達は知りません。
 コロナ問題が 様々な人達を苦しめていますが この問題発生前から ひとり親世帯は一般家庭 1/3 の年収で 苦しい生活を続けています。

 経済的に貧しい家庭では シングルマザーなどが 休む時間も少なく その働く姿を知る子供達は 一般家庭の子供達と同じ願いを求めません。
 しかし いつの日か ひとりで育ててくれる母親の力に・・との思いを持つ子供達もいます。


 この基金事業の実行者も 幼いときから高校時代まで・・ シングルマザーに育てられた経験があります。
 その母親は 経済的に苦しい家計の中 心臓病の治療に通院しながら 家族を支えていました。
 毎食のおかずが一品だけという日が続いた生活ですが 食卓には 不足するおかず代わりに 家族の笑い声と会話がありました。
 経済的に貧しい家庭ですが 心は貧しくならないように・・  との 母親の考え方があります。

 母親から学んだことは数多くありますが 通院しながら 働き続けた母親は 食費をつくるために 通院治療費を削っていました。
 この無理が原因のひとつと思いますが 私が成人する姿を見ずに 40代のはじめに 他界しました。
 こうした母親ですが 他の人達が困っている状況を見ると 自分の家計の厳しさを忘れて 支援する姿がありました。

 ひとり親として子供達を守り 周囲の生活の厳しさに苦しむ人達を支えた母親の姿勢は NPO事業の基本方針になりました。
 この母親が存在しなければ・・ NPO活動による様々な先駆的な企画や事業は生まれませんでした。


 各種の事業成果に 名声も営利も求めず 多くの資金を投じたのは 母親の生き方に近づきたいと考えた 歩みです。
 こうした活動方法は 海外で活動する方々の中にもおりますが 当関係者と同じく名声を求めず 多くの人達には知られない存在です。
 自己の収入の多少や地位や名声を追い求めない人達の存在が 社会を変えます。 子供達にも良き影響を与えることを願っています。

 NPO事業の始まりは・・初めてテニス参加した 30代からです。
 テニスをテーマにしたNPO事業の取り組みは 40年間 無償・無給で継続して参りました。
 事業運営費の大半は 企画責任者が複数の仕事に従事することで 生み出しました。

 組み合わせの職種によって異なりますが 平均 12時間~16時間が 資金づくりの時間・・残る時間が NPO事業運営と睡眠時間でした

        NPO 事業 dev20 / dev21

 NPO事業が活動のメインですから 企画事業には 1日20時間以上を投入する日も数多くありました。
 しかし 企画事業を支援協力して戴ける方面からの連絡があると 従事している仕事を休み 関係方面を訪問したことで 仕事を失いました。
 このため 新しい仕事先を探すことが続き 30数年間に 40種以上の仕事を経験することになりました。

 いくつかの資格や実務経験があることから 当時 バブル時代という時期もあり 新しい仕事先は 多くありました。
 しかし NPO事業優先ということを理解して戴ける方面が少ない状況は変わらず 数ヶ月から数年で 従事する仕事は 変更を余儀なくしました。
 先駆的な NPO事業に取り組む一方 資金づくりの仕事には難しさがありました。 しかし 苦しさを感じずに NPO事業の歩みは続きました。


 NPO事業の運営資金を 企画当事者自身が働いて負担する方法は ひとり親に育てられた中の体験が 土台になっています。
 ひとり親家庭の子供達の中に 障害の人達や子供達などを支援する取り組みに関わって 多くの人達を元気づける子供も生まれました。
 

 ひとり親に育てられる子供達は・・ 機会あれば 社会に役立つことを生み出し 活動の出来る子供達です。

 数多くの先進・先駆的内容を実現したのは ひとり親家庭で育てられた子供達のひとりです。


 国内初の車椅子テニス環境の実現 と 国際初の全盲の人達が楽しむテニス競技開発 など 多くのテニス環境を生み出しました
    
jhtf005a.html         jhtf018a.html         jhtf6003.html

 子供達にテニス用具を贈ることで 子供達が元気に活動しますが その姿は 苦しい生活の中で育てるひとり親も元気にします。
 用具セットの寄贈は 子供達とその家族や周辺の人達を元気づけ 心を癒すことにもつながります。

 近年の NPO事業は 競技テニスの普及よりも テニスの社会活用に重点を置いています。 この基金事業は そのひとつです。

 ひとり親に育てられた子供達が 社会活動に参加できる機会を この基金事業で育みたいと考えています。


 基金の目標は 経済的に厳しい家庭とその子供達を支援される方々の温かな心と子供達との絆です。
 その子供達が 自分で手づくりした用具を届けた福祉施設の高齢者などと育む優しい絆づくりです。

 コロナ問題の有無に係わらず 力のある人達が 力弱い人達や子供達を支える社会が必要です。
 支えられた子供達が 力弱い高齢者や障害のある人達と交流を生み出し 優しい心の絆を育む環境が 数多く生まれることを願っています。


 ひとり親の子供達を 社会的弱者とは考えずに 将来の社会や地域環境を支える 貴重な人材のひとりとして ご支援ください。