優しさを活かす支援活動 2022

子供達が周囲の友達と楽しむテニス用具の寄贈と 練習・ゲーム交流出来る会場づくりを図り
日常生活に必要な携帯翻訳器を ウクライナからの避難者に寄贈して参ります

このテニス用具は 子ども食堂を中心に ひとり親家庭の子供達にも 貸出と寄贈を進めて参ります
練習会場が 特設できた地域では 避難生活中の子供達と国内の子供達がゲーム交流を楽しめる時間を 育みます



友達がいれば・・ 言葉の違う国の子供達も ひとり親家庭の子供達も 毎日を元気に過ごせます
スポーツ経験やテニス経験がなくても 簡単に楽しめる テニス内容とそのテニス用具を お贈りします



ラケット2本 ボール3個 ネットスタンド資材費と送料含め
1 セット 合計 16,800円
 
翻訳器材は他企業の製品です
このため画像は割愛しています

市販価格は 11,800 円 〜 27,280 円
使用する人達の環境に適した機種を選択して 寄贈します

翻訳機材は 避難生活の子供達には 練習会場でも 無料で貸し出しますが
避難家族の家庭には 大使館など公的機関の支援を受けられない場合に 寄贈を進めて参ります

支援活動に協力戴きました貴重な寄付金を 有効に活用する内容を企画しています
支援を受けた人達や子供達の元気と行動を 他の人達の生活を豊かにすることに 温かな支援を活かして参ります


 ネットスタンドは 市販製品ではなく 防災機能を兼用するスポーツ用具の手づくり資材製作費を セットの中に含めて贈ります
 
子供達は 手づくりの面白さを体験し 手づくりを体験したら もう一台を製作して・・
 高齢者福祉施設などに 子供達から寄贈して戴き 一緒にゲームを楽しむ時間を生み出したいと思います  ラケットとボールは別途 準備して贈ります

 優しさを活かす支援活動2022 ( 第1期) の事業予算は 次の通りです  
    用品用具費用     1,800,000 (第1期)  寄贈は  テニスセット 50セット + 携帯翻訳器 50台
  支援活動を 各期単位に企画するのは 子供達に テニスセットと翻訳機材を 早くにお贈りして 寄贈結果も早くに 支援された方に報告して参ります
  ウクライナから日本に避難した人達 1,600 名以上  国内ひとり親家庭は 140 万所帯以上 この環境の子供達を 元気にしたいと思います
  ご支援の寄付金につきまして
 寄付金額は  1 口 3,000円 以上で ご支援戴けますと 幸いです
 
ご支援戴きましたすべての方々に お礼のご挨拶と スーパーテニスゲーム資料を お送り申し上げます
 返礼品としては          スーパーテニス・スーパーボレー競技認定の ドイツ製スポンジボール 2 個を お送りします
 2 口 6,000円 以上の方には    サウンドテニス競技と認知症プログラムに活用出来る サウンドボール 2 個も お送りします
 返礼品は 子供達などへの寄贈が進み次第 順次 ご支援者にお届けして参ります
 

 ご支援戴きました寄付金は 寄贈作業の実費のみ計上して 全額 企画目的に活用させて戴きます。
 なお このご支援には ふるさと納税に類似した 寄付金の税制控除は ありません。
 日本国内に避難されてきたウクライナの家族と子供達に・・関係機関と支援団体から提供される情報を基本に 用具と翻訳器材を寄贈して参ります。
 こども食堂と地域コミュニティセンターにテニスセットを贈り 子ども食堂などで楽しみ方を経験した子供達への貸出用として 複数セットを届けます。
 食事するだけでなく 一緒に 手軽なテニスゲームを楽しむことで 友達を増やし 元気になることに役立つことを願っています。

 国内のひとり親家庭の子供達とこども食堂への寄贈については・・
 一般社団法人 ハートフルファミリー (https://www.hf-f.com)  の協力を戴き 進めて参ります

     ※ ハートフルファミリーは 
ひとり親家庭支援事業を継続している団体です 
   ご支援の寄付金振込先
  三菱UFJ 銀行  大和支店   口座番号   0 8 4 9 0 8 5
    口座名    日本ハンディキャップテニス連盟
  ご支援された方のお名前とご住所を 下記管理事務局まで  メールや郵送 電話で ご連絡 お願い申し上げます  

  企画事業責任者  
三宅 孝夫 ( NPO法人 日本ハンディキャップテニス連盟 理事長 )
  運営管理事務局
    〒242-0006 神奈川県大和市南林間7-14-6 Nハイツ203  NPO法人 日本ハンディキャップテニス連盟
              TEL 050−3356−0553     mail  jhtf02@jhtf.org 
 寄付金の管理は 日本ハンディキャップテニス連盟の責任で進めて参ります。 
 寄付金の収支と活用内容について 支援された方々に 会計内容と事業の推進状況を ご報告申し上げます。