JHTFからのご案内
1977年に始まるNPO活動です。 最初の数年は 一般的な生活時間の中で 仕事の終了後や休日に 新しいテニス分野の開発・研究に取り組み 様々な企画を 立案しました。
NPO団体設立のきっかけになったのは 下半身に運動機能障害のある人達が テニス競技を楽しめる方法に 車椅子を活用することを 日本テニス協会に提案しました。
日本テニス協会を訪ねたのは JHTFの創設者で 現在の代表者です。 資金も助成や支援も少ない中で 様々な内容をNPO事業として 進めました。

ひとつひとつの企画を進める過程で いろいろな出会いがあり 競技開発とは別の展開に 心が動き 福祉や被災地域支援に向けて テニス活用の企画が進みました。
40年近くの期間に取り組んだ事業の内容は多様です。 企画した数は 主な内容が 100以上になります。 詳細は プロジェクトdev20/21 で紹介している通りです。
この事業活動には NPO事業運営に必要とする資金をつくるための働く時間が必要でした。  資金がない状況では 新しいテニス環境づくりは 難しい取り組みでした。
 
   
NPO事業活動の時間と事業資金づくりの時間を加えた活動は 1日 24時間の中で 工夫して有効に活用しなければなりません。
事務局運営の費用には 当初の研究開発に必要な経費も含まれますが NPO事業運営の費用には 年間平均 400万円以上が必要でした。

実施事業の大半が 先駆的な内容ですが 事務局費用の他に必要な企画費用づくりを併行して進めながらのNPO事業は人件費を計上しませんでした。
計上しないのではなく 出来なかった・・というのが 実情でした。 具体化例のない企画であり 難しさがありました。

事務局運営費用は 一般企業などと同じ固定費と事業費が必要ですが この費用づくりは 連盟関係者が複数の仕事に従事して その収入を運営に投入しました。
600万円以上の費用を必要とする年度もありましたが こうした時期は 睡眠時間を少なくして・・企画実施を予定よりも遅くすることで・・乗り切りました。

資金づくりの仕事は 複数の業種を掛け持ちして 必要な資金を生み出しましたが こうした取り組み方は 30数年間 続きました。 この時期の 24時間の活用方法として・・
各方面との通信連絡に適した日中時間帯に NPO活動を進め 資金づくりのための仕事には 夜間・深夜に可能な業種を選び 睡眠は早朝の時間帯としました。
この限られた日々の時間の中で 活動や仕事に影響少ないように考えた睡眠は 平均 3時間40分ですが 年間的には 1日 0 ~5 時間の睡眠でした。
 

40年近くのNPO活動は 多彩な内容の連続でしたが その運営内容は 資料にすると膨大です。 波乱万丈ともされる取り組みが続く NPO活動の歩みでした。
まもなく このNPO事業はすべての幕を閉じます・・ サイトに紹介の内容を 競技開発や福祉環境と被災地域支援などに関わる方々に ご活用戴きたいと思います。

    NPO法人日本ハンディキャップテニス連盟 (JAPAN HANDICAP TENNIS FEDERATION)