サウンドテニス公式競技規定 (標準ゲーム)

  全盲、弱視の人達は・・ 3パウンド後までの打球までが 有効打として認められます
 
 通常視力の人が 全盲の人との対戦する場合 アイマスク使用の規定が 適用されます
なお、オープンゲームでは 通常視力の人はアイマスク不要で 全盲、弱視の人と 対戦することが出来ます

          日本サウンドテニス協会
規定1 競技ボールは、直径 9cm以下、 重量 40g以下、バウンドした時に音の出る部品を挿入したスポンジ製のサウンドボールとする。
規定2 競技ラケットはハンドルを含めて全長 55cm以下、全幅 27cm以下とする。
          ※参考 市販されています小型ラケットとしては長さが21インチまでのサイズです。

規定3 競技コートは縦13,4m、横6,1mのサイズとする。
規定4 サービスラインを兼ねるフロントラインとサイドライン、ベースラインに囲まれた範囲をインコートとする。
 ネット左右170cmはアウトコートとする。

     
規定5
 全盲の人達や弱視の人達にコートラインの位置が確認出来るように、表面に凹凸のあるサウンドガイドマットを次の位置に特設する。
 ※サウンドガイドマットはガイドマットと略します。 ガイドマットは 直径5mm以上のロープを代用することが認められます。
 

   ○ベースガイド   ベースライン後方30cmの位置に、幅2cm、長さ245cmのガイドマットをセンターラインの
                仮想延長線上の左右30cmに設置する。

   ○センターガイド  センターライン仮想延長線上に、幅2cm、長さ300cmのガイマットもしくは直径5mm以上の
                ロープを設置する。

   ○サイドガイド    サイドライン外側の5cmの位置に幅cm、長さ90cmのガイドマットもしくは直径5mm以上
                のロープを設置する。
ガイドマットは 変則バウンドの心配ない材質でつくられたマットの場合、最大30cmの幅までを可とする  
規定6 ネットの高さは 側端部で85cm 中央部で75cmとする。
ネットにボールがふれたときに音の出る鈴を任意にネット中央部に取り付けることも可とする。

ネットの中央部にはセンターベルトをセットし、競技中のネットの緩みを確認することにも役立てます。
規定7 競技は1ゲーム、5ポイント先取、1セット、4ゲームス先取で行う。
規定8 競技は3セットマッチ、もしくは8ゲームス先取プロセットで行う。
公式競技を除いて、4ゲームズ先取1セットマッチ、もしくは2ゲームス先取1セットマッチで行う。
規定9 サーバーはベースガイドに足の一部または全部が接した状態でサービスを行う。 この規定に反するとフォールトとする。
足がベースガイドに接している場合、足の一部がラインを越えていてもフットフォールにはならない。
                      
規定10 サーバーはサービスを開始する前に、相手プレイヤーに対し、サービスサイドの位置を声で伝えます。
相手プレイヤーからの返答を確認した後、サービスを開始する。
右サイドからサービスを行う場合、「右から行きます」 と声を掛け、相手のプレイヤーが 「ハイ」 と回答した後、5秒以内にサービスを
開始する。 5秒を経過した場合は、最初の声を掛ける内容からやり直す。
規定11 規定10 に反し、相手プレイヤーと声による確認をせずにサービスを行った場合、また、コートサイドのコールを間違えてサービスを
行った場合はフォールトとする。
規定12 レシーバーはサーバーからの声に対してレシーブ体制が整っていない場合、次のいずれかを行う。
  @返答しない  A 「待ってください」 と返答する
規定13 サービスはラケットで直接に打球する他に、ボールを一度バウンドさせて打球する方法が認められる。
規定14 サービスのボールがネットにふれて相手のサービスコートに入った場合は有効とする。
規定15 全盲のプレイヤーに対して行なうサービスはすべて肩から下の位置で行い、視力のあるプレイヤーが行うサービスについては
相手プレイヤーの視力レベルに関係なく、肩から下の位置で行うものとする。
弱視のプレイヤーは、相手プレイヤーが全盲である場合を除き、サービス方法に制限を設けない。
規定16 サービスの回数、順序、エンドの交代は硬式テニスの内容に準ずるものとし、サウンドテニス競技規定以外の規則についても、
硬式テニス内容に準ずるものとする。
規定17 視力が0または弱視レベルのプレイヤーは3バウンド後の打球までを有効とする。
通常視力があるプレイヤーは2バウンドまたは3バウンド後の打球のみを有効とする。
規定18 打球は、最初のバウンドが相手コート内に着地しない場合は失点とする。
規定19 視力に障がいのあるプレイヤーが明らかにコートの外に位置していた時、ノーバウンドの打球が身体に当った場合、
打球したプレイヤーの失点とする。
規定19は、ネットとサービスライン(フロントライン兼用)の間に位置するプレイヤーには適用されず、打球を当てられたプレイヤー
の失点とする。
規定20 インプレーのボールがバウンド音を発生しない場合、そのポイントはサービスからやり直しを行う。
但し、バウンド音が発生しない場合であっても有効な打球が続いたときはプレーは継続され、ポイントには影響しないものとする
規定21 インプレーのボールがガイドマットもしくはコート上の異物に当り、バウンドする方向が明らかに大きく変化したと見なされる場合は
レットとして、そのポイントのやり直しを行なう。
但し、バウンドの方向が変化した場合であっても有効な打球が続いたときはプレーは継続し、ポイントには影響しないものとする。
規定22 プレイヤーが打球する直前に、ボールがバウンドした音の確認を妨げる音が直前に発生した場合はレットとして、そのポイントの
やり直しを行う。 隣接するコートでプレー中のボールの音並びに雑音と混同して確認がむずかしい場合はレットとする。
規定23 視力に障がいのあるプレイヤーは、インプレーの時間を除いて、コートの位置やネット方向の案内と周囲の安全について助言する
補助者の協力を得ることが出来る。 補助者はサービスを行う際の方向の誘導は認められる。 但し技術的な助言は禁じられる。
この規定に反した場合、ポイントのやり直しを行なう。
規定24 本ゲーム規定以外の内容は、硬式テニス競技内容に準ずるものとする。
 備 考  サウンドテニスにおいて、視力に障がいのある状態とは・・
       老眼、近視、遠視、乱視など眼鏡で補正できる視力をのぞいた視力障がいのレベルとします。
       弱視の人達については、視野狭さくなどの状態も含まれます。


        視力の区分については・・
       身障者手帳に記載された内容でなく、競技に参加する時点の実際の視力レベルを基準に判定する。
       サウンドテニスは、競技参加条件に身障者手帳の有無を問いません。
全盲の人の練習スナップ

 サウンドテニスの特徴
 
サウンドテニスはボールがバウンドする際に発生する音を情報源として、方向や距離を判断して打球するテニスです。
この特徴によって視力のない人達にも楽しめるスポーツ内容としています。 テニスは縦方向,横方向、高さに変化を伴う3次元スポーツのひとつですが、ボールの見えない人達は聴力だけでラケットとボールとの距離感、高さを考え、打球し、ゲームを進めます。

全盲や弱視の人達が楽しむサウンドテニスは、ボールや競技ラインの位置を判断できる競技工夫が開発されています。 練習方法の基本を正しく守り、集中力とリズム感が必要になりますが、視力のない点を聴力で補って楽しんで下さい。

サウンドテニスは、ゲーム参加する全盲の人達などが周辺の介助を受ける内容を最小限に留めることにより、個人の力を可能な限りに引き出す競技開発が進んでいます。

視力を失っていることでスポーツ参加の機会少ない人達が国内外に数多くいます。 安全にプレーできるスペースをコート周辺に設けることにより、全盲の人達や弱視の人達が伸び伸びとした動きで楽しめる魅力的なスポーツ内容です。
 
視力を失っている人達の対戦に加え、視力のある人と一緒に楽しめる新しいバリアフリースポーツの世界です。
この競技方法は
オープンゲームとして開発されています。
   
サウンドオープンゲーム規定へ

サウンドテニス索引