特定非営利活動法人 日本ハンディキャップテニス連盟
JAPAN HANDICAP TENNIS FEDERATION

日本ハンディキャップテニス連盟(JHTF)は テニスの新しい競技スタイルを開発し、多くの人達のスポーツ参加の機会を増やす万人スポーツとしての要素を備えたハンディキャップテニス各種内容の啓蒙普及を図って参りました。 JHTF事業は 愛好者のテニス活動とその啓蒙普及を進めると共に 地域福祉や防災等に取り組む活動があります。  ※参照 dev20

ここに NPO事業の活動内容を ご紹介しますが 各活動機構ならぴにJHTFの存在は それぞれの活動企画、各事業の目的と実施に当たっての責任の所在を明確にするためのものです。
各活動機構は JHTFの存在を含め 関係の事業、活動が終了した時点で それぞれの役割を果たしたものとして 記録では残りますが 活動実績に伴う名声は不要としています。
なお この活動名称に使用しています ハンディキャップ の意味が 障害 を表すものでないことを 理解する人達が数少ないことは テニスの世界を 限られたスポーツに留めています。
 

  ハンディ 硬式テニス協会

歴史は1977年の活動開始を基点として、車椅子を使用したテニス競技の開発から 1984年には国内で最初となる競技大会の企画運営、更に 車椅子を使用しない状態でもテニス参加を楽しむことのできる環境づくりへと展開しました。 テニスの面白さを 障害のある人達の多くに広く紹介した JHTFならびに研究協会としてのテニス活動の根幹が硬式テニスの内容であることから ハンディ硬式テニス協会の設立を図りました。
 
障害のある人達がテニス競技に参加するための方法等を紹介する役目を果たせればと考えています。 最初の活動事業は 国内で車椅子を使用してテニスを楽しめる環境づくりに向けた取り組みです。 競技については 別団体が日本車いすテニス協会を設立したため、活動の主眼を車椅子使用者に限らず様々な障害内容に対応した 総合ハンディキャップテニスの啓蒙普及を主眼とした取り組みへと進め、1988年に 有明テニスの森公園で障害内容全般を対象にした 内外初の日本ハンディキャップテニス大会を開催しました。 

この大会は 国内各地から数多くの参加者を 協力支援を戴きました多くのボランティアの方々や関係者と共に迎え、7年間に 6大会と1特別クリニックを実施しました。
近年は 国内硬式テニス環境の低迷と共に、活動時間と資金不足などにより 主催事業を終了しています。 最近の主な活動は資料情報の編集と公開です。


  ●日本スポンジテニス協会

当初、硬式テニスに参加できる体力をもたない人達がテニスの面白さを十分に楽しむことの出来る内容として、安全性の高いスポンジボールの内容を活かし 誰でも手軽にテニス技術をマスターできるテニス競技の内容を開発し、新たなテニス環境を育んで参りました。 

スポンジテニスは スエーデンや英国から 子供達の楽しむショートテニスとして国内に導入されていますが、子供達に限らず障害のある人達のテニス参加への活用を進め、10年近い実施内容をベースに1995年に本協会を設立し 硬式や軟式テニスの経験豊富な人達も楽しめる内容の競技方法を開発しています。 

スポンジスーパーテニスと名付けた内容は高いテニス技術を備えた人達のテニス心を十分に満たすものとして、硬式テニスなどでは実現させることの難しい子供達や高齢の人達、障害のある人達とテニス経験豊かな人達が互いに対戦相手として認めて、力加減などする必要のない競技世界を生み出しています。 

硬式テニスと同じ技術を十分に活かす競技内容に加え、競技力の差によって差別化が存在する既存のテニス競技の世界とは別にした ゴルフスポーツのようにレベル差のある人達が共に全力で競い合うことの出来る競技内容の開発は テニスの新たな魅力の開発につながり、テニス界の活性にも役立つものと評価されています。 
更に、このテニス内容は競技世界とは別に 介護や福祉の社会環境の中で その運動効果と新たなコミュニケーションづくりの特徴を活かすことが出来ます。


  ●日本サウンドテニス協会
 

ボールや対戦相手を視力で確認することの出来ない全盲の人達や弱視の人達が 安全にテニスプレーを楽しむことの出来る内容を 視覚ハンディキャップテニスの名称で競技開発を進め、新しい障害者スポーツのひとつとして普及を図り、国内外最初の競技大会を実現しています。 

その後、障害者スポーツとしての枠を超えることに研究開発を進め、視力に障害のある人達と通常視力の人達との対戦競技を スーパーテニスの開発基本と同じに、互いに力加減する必要のない競技内容の サウンドテニスを開発し 名実ともにバリアフリーの競技スポーツとして 共生社会の環境を育んでいます。
 
シングルス競技を中心として開発したこのテニス競技では 視力の有無に関係なく、アイマスクの着用などは不要とし 視力のない人と通常視力のテニス経験者が全力で対戦出来る競技内容を設計しています。 このテニス内容の理解は 観戦よりも、体験することで実感出来る ユニバーサルテニスの魅力豊かなスポーツ世界です。


  ENH活動
 

1995年1月17日の阪神淡路大震災の発生に際し、その支援活動を現地などで進めたことがきっかけとなり テニス活動とは別の機構のひとつとして設立しています。
当時 数日の現地活動と考えた内容を その後数年を経た後も一部の活動を続けました。
このときのボランティア募集に 被災地域支援の活動名称として Encouraging Network ‘Heart’ エンカーレッヂング・ネットワーク・ハート (
元気づける心の輪・・ との意味の和製英語) の頭文字で ENH と略して採用 現在に至る活動名としています。

被災地域支援活動を開始する以前から 各地の福祉施設をお訪ねしていましたので 数多くの人達と出会い、様々な関係方面、団体との接点から貴重な示唆を受けました。
この経験を その後の様々な活動企画に役立てることが出来る同時に 安全性の高いテニス内容を活かした 各種の社会プログラムを生み出しています。

テニス競技の開発普及に取り組む団体が その主目的とは異なる活動事業へと展開させたのは  なぜ ? と感じられる方々もおりました。
しかし、各被災地域の支援プログラムに その地域の人達の健康維持と失われ勝ちな地域のふれあいやコミュニケーションづくりにも役立つスポーツ環境のひとつに テニス競技と異なる社会活用の内容を加え テニスの関係活動を通じて得られたネットワークの力も活かし ENH活動の継続を図りました。

 


※ハンディキャップテニス研究協会は  JHTFクリエイト の名称に改めています