サウンドテニス の楽しみ方
 
 ボール
直径 9cm 重さ 28〜30g のスポンジボール 
ボールの内部には 音源部品となる盲卓球
(※サウンドテーブルテニスボール) を 挿入したボール

 ラケット
幅27cm 長さ55cm以下のラケットサイズを使用する
ラケット重量とグリップサイズには制限はなく ガットを張った構造であれば フレームの材質は不問です

 
 競技コート
競技コートは 長さ 13,4m × 横幅 6,1m とする
公式競技は 長さ 20m 幅 11m 以上の競技スペースを必要とします

 コートの種類

全盲の人達同士の対戦
弱視の人達同士の対戦

全盲と弱視の対戦
通常視力と弱視の対戦

通常視力と全盲の対戦

対戦相手との視力レベルの違いにより コート外形サイズは同一で コート幅を変更したコートで 競技します
 
視力区分が同じ対戦競技 

B 視力区分が異なる対戦競技 

視力区分が大きく異なる対戦競技 

 ネット
競技ネットは 幅 6,1m × 高さ 0,75m の大きさです
ネット両端の高さは 85cm ネット中央部は 75cm です

 競技方法 
1ゲーム5ポイント先取 4ゲーム先取1セットで行い 公式競技は 3セットマッチで行います

練習ゲームは 2ゲーム先取1セットで行う
  ※ この競技方法は 限られた時間内で 多くの人達の競技参加を 可能にします

 サービスと
 レシーブ

サービスは 硬式テニスに準じた方法で行います
サービスは トスして行う方法の他に ボールを床にバウンドさせて打つ方法も 認められます

サーバーは サービスを開始する前に 「右から行きます」 または 「左から行きます」 と声を掛けます
サーバーは レシーバーの 「ハイ」 の返答を受けた 5秒以内に サービスを開始します
5秒を超えた場合は 最初の声掛けの動作を 改めてサービス動作を開始します

右 と 左を 間違えた声掛けをして サービスを行った場合 フォルトと判定されます
相手プレイヤーからの返答がないときに サービスを行うと フォルトと判定されます


レシーバーは サーバーの声掛けに 「待って」 と回答 または 無返答で レシーブ準備が出来ていない状態を
伝えることが認められます  レシーバーの「ハイ」 の回答が得られるまで サーバーは
声掛けを繰り返します


 ポイントの
 数え方 

ゲームポイントのカウントは  1 (ワン) 2 (ツー) 3 (スリー) 4 (フォー)  と カウントします 
カウントは 各国の言語と数字表現が認められます  但し 発声と合わせて 5本の指でカウントを表示します
 
 視力の区分
全盲クラス 視力0の人 と 明暗は分かっても ボールを確認出来ない人
弱視クラス 動体視力のレベルが低く ボールの確認が難しい人
通常視力クラス 視力のある人 と 視力の弱い状態を眼鏡で補正出来る人

 プレイヤーの
 失点
 

最初のバウンドが 規定コート内に着地しないと失点します
全盲、弱視の人は 3バウンド後までの打球は有効とし 他の打球は失点します

通常視力の人は 2バウンド後と 3バウンド後の打球以外は無効となり 失点します
サービスを ダブルフォルトしたときは失点します

コートの内外に位置する全盲、弱視の人の身体に ノーバウンドで当てたプレイヤーは失点します
サービスの場合は フォルトと判定されます
他の失点については 硬式テニス規定の内容に準じて行います
 
 レット 
サウンドテニス競技のサービスは すべて ノーレット方式で行います
競技中のバウンド音が発生しない場合とバウンド音が聞き取り難い場合は レットとし ポイントをやり直します
コートラインやガイドマットが影響して バウンドが明らかに大きく変化したと見なした場合はレットと判定されます
バウンド音がしない状態は 審判が判断する場合とプレイヤーが打球前に申告する方法が認められる

 フォルト
ガイドマットの一部に片足 または 両足をふれた状態でサービスを行います
この規定に反するとフォールトと判定されます
 


日本サウンドテニス協会

競技開発  NPO法人日本ハンディキャップテニス連盟